RSS | ATOM | SEARCH
あけましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

author:右山裕介, category:-, 08:26
-, -, pookmark
今年もお世話になりました。

 

今年最後に「Elsa」アップしました。

 

あまり時間が無かったので、テンポが遅くて、短い曲を選びました(笑)

 

でも、もちろん好きな曲です!!

 

現代音楽風の曲だけど、エバンスの曲ではないんだよね。

 

スコット・ラファロのプレイは、荒削りだけど、なんか新しいことをやろうとしている、強い意志を感じますね。

 

ホールトーン→ペンタ的なことも、やってるし・・・

 

まあ、一回聞いただけじゃほとんど気付かないと思うけど(笑)

 

とりあえず、曲のだいぶたまったので、ゆくゆくは出版なんてことも考えて行きたいと思っています。

 

今年も沢山の”高評価”をいただきましてありがとうございます!!

 

来年もよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

author:右山裕介, category:You tube, 23:24
-, -, pookmark
Scott Lafaro/Someday My Prince Will Come

Someday My Prince Will Comeを弾いてみました。

 

これも、大好きな曲で、特に、このビル・エバンスとキース・ジャレットの演奏よく聞いていました。

 

演奏も、何百回と弾いているとは思いますが、毎回どうやって弾こうか悩んでいます(笑)

 

負け惜しみだけど、他人の演奏でも、あまり「これだ!」っていうのを聞いたことは無いかな?

 

大変失礼ながら、マイルスのアルバムでのコルトレーンのソロを聴いて、思わず噴き出してしまったぐらいなので、結局ジャズ向きの曲ではないんでしょうね。

 

そんな中、あらためて、スコット・ラファロ先生のプレイを勉強させていただいのですが。

 

ぶっ飛んでそうに見えて、♭13やハーモニックマイナーをちりばめながら、ポリリズムを使ったりして、以外にちゃんとジャズをやっているんだなと感じた次第でございます(笑)

 

 

 

 

 

author:右山裕介, category:You tube, 21:52
-, -, pookmark
Paul Chambers/Moment's Notice

 

Moment's Noticeを弾いてみました。

 

初めてこの曲の譜面を見たときは、目まいがしましたが、

こうして、コピーできる日がくるなんて感慨もひとしおです(笑)

 

映像を見るとわりと楽そうに見えるかもしれませんが、

この曲もかなりきつかったですね!!

 

テンポ200弱で8分近く4ビート刻んでアルコソロって・・・

やってみると分かると思いますが、ほとんど、拷問って感じでした(笑)

 

冗談ではなく、1か月練習したら、夜寝返りがうてないくらい左肩が痛くなって、

今は人差し指に血行障害のような、しびれがあります(涙)

 

ちょっと50歳以上の方は、危険なので演奏しない方がよいかもしれません(笑)

 

コピーすると、「ここは、きっとこういう気持ちで弾いているんだろうな」と想像したりして、

なんとなく演奏者の気持ちが理解できたり、共感できたりするんだけど

 

これは、全く共感できないませんね(笑)

 

自然な流れでアルコ手がいかず、

何回弾いても、ここでアルコ?って感じです。

 

やっぱり、ポールチェンバースは凄いってことですね!!

author:右山裕介, category:You tube, 23:12
-, -, pookmark
Paul Chambers/I Want To Talk About You

 

久しぶりのウッドベースでハイポジション無しがとても新鮮でした。

 

たまたま、この曲を聴いたら、無茶苦茶心にしみてしまったので、思わずコピーしてしましました。

 

アトランティックやインパルスも良いけど、やっぱりコルトレーンはプレスティッジだという、ご意見にもうなずけます。

 

また、ポールチェンバースが渋いんですよね・・・

 

一応、音はとれても、ニュアンスまではとれてないかな、

やっぱり黒人の壁を感じます。

 

ベースラインもソロも本当に美しいです。

これはジョージ・ムラ―ツのコンファメーションに匹敵すると思います。

 

年をとったらこんなベースが弾きたいと思っていましたが、

当の本人は、この時23歳なんだよね(笑)

 

時々、24歳時のクラプトンのギターに涙してしまうことがあるんだけど

 

結局、渋い人は、若くても渋いんでしょうね

author:右山裕介, category:You tube, 00:08
-, -, pookmark