RSS | ATOM | SEARCH
高倉健さん


なんか死んだ人の事ばかり書くのもどうかと思いますが(´;ω;`)

高倉健さんがお亡くなりました。

特に無茶苦茶好きだったという訳ではないのに、テレビで放送される追悼番組に見入っています。

映画も特集もほぼすべて見ました。

というか・・・もっと見たいですね!

特に遺作となった映画「あなたへ」の健さんは

すでに仏様の顔ですね

DVDが現在高騰中なので、もう少し落ち着いたら、買い集めようと思います(・∀・)

謹んでご冥福をお祈りいたします。
author:右山裕介, category:favorite artist, 22:04
-, -, pookmark
ジャック・ブルース死去


1960年代にエリック・クラプトンらと結成したロックバンド「クリーム」の元メンバーでベーシスト、ボーカリストのジャック・ブルース氏が10月25日、死去した。71歳だった。

今更、特に言うことはありません

てっきりジンジャー・ベーカーの方が先かと思いましたが・・・

ジャック・ブルースに憧れギブソンEBとマーシャルアンプを買って歌を練習しました!!

謹んでご冥福をお祈りいたしますm(_ _)m
author:右山裕介, category:favorite artist, 22:05
-, -, pookmark
Telephone/Ron Carter and Jim Hall


そして最後の3枚目ですが・・・

ロンカーターとジムホールのTelephone

当時珍しかったギターとベースのデュオの作品で、また聴きたくなって軽く探していたのですが、

アマゾンで見たらプレミアが付いていて諦めかけていたにも関わらず、普通の値段で買えたので、まぁ良かったです(*´∀`*)

早速聞いてみましたが・・・実に良いですね!!!

当時は、この良さは理解できなかったですね(´;ω;`)

曲もフレーズも良く覚えているので、随分頑張って、背伸びして一生懸命、理解しようと聞いてたんだろうけど(*´∀`*)

結局理解できなかったんだよね・・・売っちまったんだから(^^♪

特に、ロン・カーターの弾くスター・ダストは最高!!ローポジションで棒弾きっぽいだけど、これは涙なくして聞けません!!

ロン・カーターは、マイルスとジム・ホールとだけ演ってれば凄いんだよね・・・

その他は良く分からんけど(^^♪

そう言えば、ジム・ホールもいつの間にか亡くなっておりましたね(´;ω;`)

いつだか、ブルーノートで見たのが最後だったのかな?

やっぱり、ギターとベースのデュオは良いな!

音量や音色が近いのでやりやすいですいしね!

そう考えてやったのが「春の海」だっけね(*´∀`*)
author:右山裕介, category:favorite artist, 21:21
-, -, pookmark
Synchronicity


前回に引き続き先日買ったアルバムを紹介します(・∀・)

2枚目は、ポリスの"Synchronicity"です!

ポリスの詳細についても当然書きませんが(^^♪

このアルバムも本当に久しぶり聞きましたね・・・

本当、ポリスの存在すら忘れてました(;_;)

当時スティングよりギターのアンディ・サマーズが好きで、ヘビメタ、テクニカルギターが全盛の時代に、歪ませずに速弾をしないセンスの良いギターが良かったですね!!

これは、今聞いてもとても良い音です(^^♪

スティングのベースは、本当にウッドベース?フレットレスにフランジャーか何かかけてる様な気もするけど、そういえば私も昔こんなエフェクター持ってましたね(*´∀`*)これも懐かしい音です。

このアルバムを最後にポリスは解散して、 スティングの「ブルータートルの夢」へ続くんだけど、そんな布石の様な曲も含まれてますね。

でも何と言っても"Every Breath You Take"は名曲ですね!!

はじめ聞いた時は"Stand by me"かと思いましたが(*´∀`*)

ロックに9thコードを取り入れたのはこの曲が最初なのかな?そんな訳ないか・・・

でも当時かなり、ギタリストの間でadd9thという言葉が飛び交っていた気がしますね(^^♪

ある意味、その後のロックのサウンドを変えたアルバムですよね。
author:右山裕介, category:favorite artist, 22:45
-, -, pookmark
Grand Funk Railroad


19歳ぐらいの時に良く聞いていたレコードで

世の中CD化に伴い処分してしまい、それから全然聞いていなかった物を

なぜか時間つぶしに毎週行っている、横浜レ●ファンでまとめて3枚ほどCDで手に入れたので、ちょっと紹介したいと思います(^^♪

一枚目は、Grand Funk Railroadのライブアルバム!!

もちろん、リアルタイムじゃないけど確か先輩か誰かに勧められて聞いていたので、もうかれこれ20年以上聞いてないかな?

確か、この頃これを聞いてフェンダーのジャズベを買いに行ったんじゃないかな?それぐらい衝撃的でした(゚∀゚)

今更、Grand Funk Railroadについては書きませんが

ただ、この手のバンドのアルバムは、今聴くとちょっとがっかりする事も多いんだけどね・・・

でも、これは凄い!!

正直、ヤバイです!!

今、聞いても当時受けた衝撃のまんま!!

こういうバンドは、もう出てこないでしょうね!!

おもわずロックやりたくなりますね(・∀・)

ただ、おやじバンドに入らない限り、そういう機会は無いと思いますが・・・それもどうかな(´;ω;`)

もしやるなら、今度はギブソンのEBを使いますね・・・歪ませて

ちなみにメル・サッチャーはフェンダー・ジャズベにギブソンのピックアップを付けているのでああいう音なんです。

もちろん、分かってますよ(・∀・)
author:右山裕介, category:favorite artist, 23:17
-, -, pookmark
ポールマッカートニー国立公演中止


全くスマフォを見ないで

予習を兼ねて、ポールのアルバムを聞きながら信濃町に降り立つと、黒山の人だかり!

こんな日に事故かと思い、早々と通り過ぎようと思ったけど・・・

やっぱりちょっと覗いてみたらこの看板!!

ゲッ・・・・

ポールも高齢だしこんな事もあるかな・・・

去年見たから良いか・・・と思いながら、別に怒りも無念さも無く普通に帰って来てましたが(^^♪

でも地方から来られた方などは、かわいそうですよね(´;ω;`)

しかし現場は、相当慌てたんだろうね(-_-;)

てんやわんや?・・・こんなのどうやって収めるんでしょうか!?

想像するに、この規模だとスタッフは、500人?1000人?もっと居るのかな?

損失額も億単位ですよね・・・保険入っているのかな?

まぁ、危機管理に強い日本人の対応力と、お・も・て・な・し・の心でポールを感動させて

また半年後ぐらいに、また来させたら良いんじゃないでしょうかね(^^♪
author:右山裕介, category:favorite artist, 00:03
-, -, pookmark
上岡龍太郎


20代の頃夢中になって見ていたパペポTVをYouTubeで見ています。

今見ても本当に面白くて、なんで昔のテレビ番組はこんなに面白かったのか?と考えてていた所

こんな記事がヤフーニュースに出ました。

自主規制がテレビをつまらなくする…「マツ子・有吉頼み」の“異様

きっと天才上岡龍太郎氏はこんな時代を予感してテレビを引退されたのでしょうね・・・

さすがでございます!!
author:右山裕介, category:favorite artist, 22:39
-, -, pookmark
おやじ席


ポールマッカトニー国立競技場公演のチケットを引換えました。

特別先行予約での当選だったのでちょっと期待しましたが・・・・

ステージ正面ではありますが、スタンド中断より上あたりの席(´;ω;`)

前回も含めて、何が特別先行予約なのかさっぱりわかりません!!

アリーナの良席が当たったら、とっとと売り飛ばそうと思っておりましたが、中々思惑通りには行きませんでしたね(・∀・)

そんな訳で見に行って参ります!!

もちろん喜んで!!

今更、アリーナで立って見る元気も無いので、スタンド後方ゆっくり見たいと思いつつ、フッと感じたのですが・・・

まさか年齢順で席を決めてるんじゃないだろうね???

それならそれで良いけど(^^♪

そういえば国立も最後ですね(´;ω;`)
author:右山裕介, category:favorite artist, 22:01
-, -, pookmark
ポールマッカートニーまた当選


去年見たポールの来日公演ですが

再び、5月に再来日するというので、一応先行予約に申込みましたが・・・

結果は見事当選でびっくり(^^♪

何のご縁でしょうかね?

運が良いのかな?

いかし、ここに運を使って良いのかな?

でも、まだどんな席かわかりませんが

東京ドームで見て、まぁ音響も良くどんな席でも十分楽しめると思うので、やっぱり良かったのかな?

しかも良い席が当たれば、価格も高騰すると思うし・・・

一回見ている訳だし・・・

色々な可能性や期待を感じますね(*´∀`*)
author:右山裕介, category:favorite artist, 00:38
-, -, pookmark
ヨーロピアン・ジャズ


あるヨーロピアン・ジャズに詳しい方から、Tubby Hayesというイギリスのサックス奏者のCDを頂きました。

これが中々良くて最近ハマっています。

ヨーロピアン・ジャズと言えば・・・

イタリアのビル・エバンスと言われたエンリコ・ピエラヌンツィやヨーロピアン・ジャズトリオの様な方々ばかりと思っていましたが

この方はおもいっきりハード・バップをやっています(^^♪

プレイスタイルもコルトレーンの音色にロリンズのフレーズって感じだし
、バンドアレンジも何かどっかで聞いた事ある様な、ジャズのオイシイところを集めた様でかなり面白いです。 

物凄くジャズを研究していて、アメリカのジャズがイギリスに伝わるとこうなるのかな?という過程が分かる気がします。

アメリカのミュージシャンの様に
変に自分の色を出そうとするのでは無く、忠実ジャズを演奏するスタイルは、ある意味本家より上かもしれませんね!

最近聞いていないけど一時の日本のジャズもこんな感じだったのかな?

一言で言うと「女性より女らしいオカマ」と言った所ですかね(^^♪
author:右山裕介, category:favorite artist, 23:04
-, -, pookmark