RSS | ATOM | SEARCH
Miles Davis and the Modern Jazz Giants
Miles Davis and the Modern Jazz Giants
Miles Davis and the Modern Jazz Giants

前回紹介した、1954年12月いわゆるケンカセッションのBags Groove
に収録されなかった曲が収録されたアルバム

このアルバムで一番魅力を感じたのは"The man I love"におけるセロニアス・モンク(P)のソロである。モチーフをレイドバック(いわゆる後ろノリ)させて弾いており独自の緊張感とグルーブを生み出してて、初めて聞いた時にびっくりしてもう一度聞きなおしたぐらいインパクトがありました。

また最後に"The man I love"のtake1が収録されており、こちらのモンクのソロもレイドバックのモチーフを展開するがちょっと失敗気味。要するに2回目の挑戦で成功したという事なのだろうが、この辺の経過が聞けるが面白い。
(本人にとっては迷惑だろうが)

セロニアス・モンクといえば"Straght no chaser"を始め数々の名曲を残したコンポーザーとしても有名だが、このアルバムにもモンクの代表的な名曲"Round midnight"を収録こちらは1956年11月の録音でメンバーもジョンコル・トレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズの"オール・アメリカン・リズムセクション"でこの曲の代表的なtakeは、CBS移籍後の'Round About Midnight
のそれであり、こちらも
完成までの過程を知る上で貴重なtakeだと思う。
author:右山裕介, category:Miles Davis, 12:03
-, -, pookmark