RSS | ATOM | SEARCH
第九


今日、初めて年末の風物詩、ベートーベン交響曲第九番のコンサートに行って来ました。

場所は初台のオペラシティ、演奏はキエフ国立フィルハーモニック交響楽団と実は割引チケットだったのですが(・∀・)

第九はやっぱり一番良く聞いている曲なので、生演奏ではどのように聞こえるかが一番興味がありましたね

結論をいうと生の方が全然良かったですね(当たり前か?)

特に第4楽章のコントラバスがメロディーを”P”で弾くところなどは、とても綺麗な音でCDはDVDでは再現できない部分でしょう(^^♪

という訳で、やっぱりコントラバスばっか見てたんですが、これも市販のDVDでは無理ですね!

余談ですがコントラバス隊6人の内3人はフレンチ弓でした。

ちょっと弾けそうな気もしてきたかな(-_-;)

という訳で大変有意義な時間だったのですが・・・反面、すごく疲れたという感じもあって

やっぱり会場の音響が良いので、誰かが咳をするとすぐわかるんだよね(´▽`)

何か余計な音がするとすごく気になる反面、自分も気を使って物音一つ立てられないから、小一時間ぐらいずっと固まりっぱなしの状態。おまけに第三楽章は眠くなるし(。-_-。)

こんな思いまでして聴くととなると、やっぱりクラシックも中々流行らないだろうね(*´∀`*)
author:右山裕介, category:favorite artist, 20:14
-, -, pookmark