RSS | ATOM | SEARCH
Paul Chambers/Softly in a morning sunrise


D3200デジタル・レコーディング・スタジオっていう宅録用機材が、某楽器店で中古でかなり安く売っていたので衝動買いしてしまいました(´;ω;`)

まあ行く行くは、オリジナルなどの制作に使う予定ですが・・・

家庭用と言ってもハードディスクが入っているのでコンピューターの様な物で、いっそPCソフトの方がが使い易いのではないかと思えるぐらい、操作が煩わしいですね(´ヘ`;)

そんな訳で少しづつ使い慣らして行こうと思いますが・・・

とりあえず何か遊んでみようという事で、ベンチャーズでもやろうかと思いましたが、今更それも恥ずかしいので

こんな事をやっていました!!

昔のステレオ録音ってPANが極端なので、例えばR側にするとベースが消えたり、ボーカルが消えたりするんだけど

このウィントン・ケリーのSoftly in a morning sunriseは正しくそれで、ベースが消えてくれます。(完全では無いけど)

そこにベースを入れたらどうなるかと遊んでみたらこんな感じになりました。

ベースもピックアップでは無くマイクで拾ってましており、特に何の加工もしてません。

ついでなので映像も撮ってみました!!試し撮りのつもりだったので思いっきり部屋着なのですが・・・

結局、音も映像も試し撮りが完成品となりました(^^♪

譜面見ながら弾いているので目線がおかしいですが、今後シリーズ化して行きたいと思います。
author:右山裕介, category:You tube, 21:24
-, -, pookmark