RSS | ATOM | SEARCH
Paul Chambers/Easy To Love

 

ポール・チェンバースのEasy To Loveを弾いてみました。

 

アルコの練習に丁度良いと、親しみやすいメロディのこの曲を選びました。

 

この曲も、最初フレンチで練習していたのですが、にわか仕込みでは難しいため、ジャーマンにもどしました。

 

弓も、安物の「SUGITO」では、どう頑張っても無理だったので、家宝の 「H.R.PFRETZSCHNER 」で弾きました。

 

あまり、高い楽器にも興味もないし、楽器云々の問題ではないと思っていましたが、やっぱり、弓だけは良いもの(高い?)使わないと駄目ですね。

 

安い弓だと、早いフレーズが全く弾けませんでした。

 

そんな訳で、しばらくアルコを頑張っていきます。

author:右山裕介, category:-, 09:42
-, -, pookmark