RSS | ATOM | SEARCH
サイレントベース


深夜でも弾けるサイレントベース。
自宅での練習用にYAMAHA SLB-100,LIVE用にSLB-200を使用しております。

弾いた感じや、弦のテンションなどかなり本物に近いSLB-100ですがピックアップの音色が硬いので自宅ではアンプに通さず生音で使用しています。重いので持ち運びが大変です。



一方SLB-200はちょっと軽く持ち運びに便利でピックアップの音色も良いが、重量が無いので安定感が無くテンションもちょっと不自然で音の伸びが今一。

しかし利便性からLIVEでは良くSLB-200を使っています。確かに実際のウッドベースの音とはちょっと違うのですが、バンドのメンバーやPAさんにもウケが良いので良しとしています。プリアンプで手元で音量や音色をコントロールできる点はとても便利です。

見ためが悪いかなと思いきや、以外とお客さんからもウケも良く質問を受けます。最近この楽器も気に入りつつあります。
author:右山裕介, category:使用機材, 09:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://www.woodbass.net/trackback/6