RSS | ATOM | SEARCH
The paris concert

The paris concert

新加入のドラマー"エリオット・ジグモンド"と"エディ・ゴメス"のトリオによる1976年ニューポート・ア・パリでのライブ録音。

このトリオでのライブ盤は、あと数枚出ているが全て入手困難な状態。このアルバムはまだ大丈夫かと思っていたら、なんとAmazonにも無かったのでサムネイルは自作です(笑)

エリオット・ジグモンドは1945年ブロンクス生まれで、50年代と60年代をジャズ全盛のニューヨークで育ち、ジャズギタリストであった兄の影響で15才からドラムを始め マンズ音楽大学とニューヨーク市立大学で音楽を学んだという事であるがビル・エバンスとの他、ミシェル・ペトロチアーニ等と共演し現在も活躍中である。

演奏の印象は、前任のマーティン・モレロより若干ソフトな感じかな・・・

このアルバムは、確か21か2ぐらいの時に買ったもので、当事「いつか王子様が」が入っているからって事で選んだのだと思ったが(笑)

これを聴きいてビル・エバンス・トリオの演奏の凄さに圧倒さたんだよね。エディ・ゴメスも何をやっているのか全然分からないけどこういう弾き方もあるんだなって

ビル・エバンスの印象が変わったというか、どこがリリカルで情緒的なんだ?なんて思ったりして・・・

そんな懐かしさが甦る作品ですが、今聞いても演奏も選曲も良いし(特に最後Waltz for Debbyが良い)たまにヤフオクに出ていますので(笑)機会があったら聞いて見てください。
author:右山裕介, category:Bill evans, 20:16
-, -, pookmark