RSS | ATOM | SEARCH
百万本のバラ
百万本のバラ
百万本のバラ
加藤登紀子

作詞A・ヴォズネセンスキ
訳詞松山善三

信じてくれますか 一人の若者が
小さな家を売り バラを買いました
信じてくれますか 嘘だと思うでしょう
町中のバラを 貴方に贈るなんて
 バラをバラをバラを下さい ありったけのバラを下さい
 貴方の好きなバラの花で 貴方を貴方を貴方を包みたい
 バラをバラをバラを下さい 百万本のバラを下さい
 ボクのボクのボクのこの命
 貴方に貴方に貴方に捧げたい


貧しい家のボクに できるのは一つ
何もかも捨てて 貴方を思うこと
誰も知らない 心のささやきを
花びらに添えて 貴方に贈りたい
 バラをバラをバラを下さい ありったけのバラを下さい
 あなたの好きなバラの花で 貴方を貴方を貴方を包みたい
 貴方に捧げたバラの花は 枯れても枯れても枯れても我が命
 貴方の貴方の貴方の胸に咲く
 貴方の姿は遠く消えても


出逢いは短く 貴方はもういない
貴方は踊り子 町からまた町へ
夜汽車の窓辺で 貴方は思うだろう
見えない愛の火が この世にあるのだと
 クルクルクルクルクルクル回る 真っ赤なサテンのトゥシューズ
 残ったボクの熱い心には 甘い思い出 涙の滴
 ボクのボクのボクのある限り 君への君への君への愛は
 燃えて燃えて燃えて燃えるよ
 燃えて燃えて燃えて燃えるよ


これも良く演奏する曲で、元はロシアの歌謡曲である。シャンソンライブでも良く歌われ、演奏する度に良い歌詞だなって思っている。

要するに男はつらいよの寅さんである(笑)
寅さんシリーズは大好きで全作揃えて持っていて、あの作品の魅力は基本的にエンターテイメント喜劇なのだが、時々ドキッとするような妙なリアリティがあったりして中々奥が深い。

この歌詞もまず現実的では無いと思うが(本当にやったらかなりキモがられる(笑))恋をした時の一途な気持ちや激しさ繊細さそして無様な姿を良く表現していて、フィクションなのに何かリアリティを感じてしまいます。

しかもバラ一本100円として×100万でなんと一億円ですよ!!
貧しい若者には無理だと思いますがね。

できたらぜひ続編を聞きたいですね
「百万本のバラ 借金地獄篇」とかね(笑)
author:右山裕介, category:シャンソン, 20:28
-, -, pookmark